nana*boo

フレンチブルドッグ・nanaとMブルテリア・COCOのどおってことない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

終わり良ければ全てヨシ

今日は職場でツイてなかった。



社内、社外両方の人に振り回された一日だった。



「こんな日もある。」





自分に言い聞かせるが、



私の場合『こんな日』が人様より多い気がする。



疲れてトイレに入り鏡を覗くとえらく老けた私がいた。



目が落ち窪んでいて怖い。



電話でイライラすると、顔を触る癖があるので



化粧がとれてしまったらしい。





その上、少々興奮してしまったので唇は乾燥してカピカピ。



Tゾーンにはガマの油のような油が浮いてテカっていた。



しかしこの職場には見せる人もいなければ見ている人も無し。



それに…崩れた上から塗ってもゾンビ顔になり余計に怖くなるので



化粧直しはしない事にする。







トイレから出ると流依ハハから携帯に連絡。



なんと英ブルの小六君とママさんが我が家の近くまで来られるという。



平日に小六君と会えるなんて♪



「さっ!早く帰らなくっちゃ」と



どこに元気が残っていたのか?



2倍速モードで仕事を片付けルンルンと帰宅。



「夜なのにお出掛けなにょ?」な



キョトンnanaを連れ近くのカフェまで出動~。



カフェに着くと小六君、伝助君、流依君が既にお着きだった。









小六君と伝助君は初対面の男子同士だが仲良く挨拶していた。







と思ったらいつの間にか恋に落ちていたようだ・・・。







その上…小六君はもう一つの間違いを犯していた。。



伝助君の飼主をオヤツと間違ってしまったらしく



ベロベロ味わっていたのだった。



           (ころちゃん、お腹こわさないでね。)











小一時間だったけど、ガヤガヤと楽しい時間を過ごす。



いつの間にか今日のイライラは消えてなくなってた。





この笑顔達が私のトゲトゲの心をまぁるく直しててくれたのだった。





ころちゃん、ママさんありがとう!また来てね~♪









流依君は眠くて珍獣に変身していた為出演が少ない為で・・・



決して影が薄いためではありません。念のため。
スポンサーサイト
[ 2008/10/27 13:41 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。