nana*boo

フレンチブルドッグ・nanaとMブルテリア・COCOのどおってことない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膀胱炎nana・完結編

一昨日の話になりますが・・・

膀胱炎nanaの尿検査をして貰う為に病院へ行って参りました。



第2病院への道を既に覚えたnanaは病院へ向かっていると分かるや否や

nanaチャリの籠の中でガタガタ震え出して既に過呼吸状態。

「怖くない、怖くないよ~。」と呪文のようにブツブツ呟きながらチャリを漕ぐ私。。

周りから見るときっと不審人物に見えたに違いありません。

しかしそんな事はお構いなしでチャリを漕ぎ、すぐに第2病院に到着~。



第2病院はnanaにとって怖ろしい目にばかり遭っているせいか、

第1病院の待合室で見せるリラックスしたnanaの姿は無く、震えまくり。

腰が抜けそうなnanaの姿は周囲に居た方々を笑わせてしまったほどでした。



今日は体重だけ計って尿検査の為に奥へ連れて行かれました。

この病院は尿はエコーで見ながら『抜く』方法らしく、

「オシッコを溜めた状態で連れて来て下さい。」と指示されてます。

「nanaにとって怖すぎる尿検査が早く終わりますように。」と

『愛犬チャンプ』を読んだり、お隣のワンコを構いながら待つこと数分。

結果が出たようで診察室から呼ばれました。



若い先生の話では

尿を抜く際に膀胱を見ておいたが膀胱壁の腫れも引いていて

膀胱内もとてもきれいになっていていた。との事でホッ。

さて…気になる尿検査の結果は



潜血は今回もマイナス。(良かった~♪)

前回はプラス1だったタンパクもマイナス。(当然でしょ~♪♪)

白血球も検出されず。(←コレ重要☆炎症起きてない証です♪♪♪)

ただ・・・なんとphが前回よりも高い8。(なんでーーーっ!!!)



先生にも心あたりは無いか聞かれましたが、

nanaは空腹状態のはずだし全く心あたり無し。。



「なんでや~?なんでやろ~?

phスティックでは空腹時は下がってた筈やのに・・・

出がけにママがアイスをちょっと舐めさせたんが原因かぁ?」

などと考え込んでいると・・・

若い先生は「やっぱりもう1週間抗生剤出しときましょう。」とおっしゃった。

(はぁっ!?そりゃダメでしょ。)

「抗生剤、長すぎると思いますけど・・・。」と私が言うと

「通常4~5週間飲むもんです。この薬はよく効いてるみたいだし

あと1週間飲んだらもう連れて来なくていいですから。」

(結果診なくていいのかっ?この病院やっぱダメだわぁ。)



nanaを連れての病院からの帰り道・・・

「膀胱炎はすっかり治ってる。

phが高かったのは何か他の理由があったに違いない。

抗生剤はやっぱりもう止めよう。」と決めました。

そしてnanaのストレスを解消すべく

すっかり暗くなったいつものグランドで思いっきり走らせて帰宅しました。





そして今日・・・



空腹時の夕方にphスティックで尿検査してみました。



するとなんと・・・



結果は今までで一番イイカンジ~♪のph6.8





ところがこの後、空腹時にグランドで1時間ほど運動し

ハァハァの過呼吸気味になったところをphスティックで検査すると

またph8まで高くなっていました。(写真撮るの忘れちゃいました。バカ)

nanaが過呼吸になるとどうして尿がアルカリ性になるのかは不明ですが、

病院恐怖症のnanaが超過呼吸状態になる病院で正確なphを測定するのは

到底無理な話でnanaはストレスが溜まり、私はお金と時間の無駄使い。

という無残な事になってしまいます。



しかしnanaがひどい膀胱炎になったのは事実。。



もう膀胱炎の苦しみに・・・検査の怖さに・・・

nanaを遭わせないようにしないといけません。

しっかりせ~よ・・・飼主@私



これで膀胱炎nanaの話は終わりたいと思います。

(もちろん私の中ではまだまだ続きますが。)

マニアックな話にお付き合い下さった皆様・・・

本当にありがとうございました~<(_ _)>

スポンサーサイト
[ 2007/10/08 12:27 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。