nana*boo

フレンチブルドッグ・nanaとMブルテリア・COCOのどおってことない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週も上近3/3

さて、ベルちゃんに逃げられたnanaは・・・





次の獲物を物色中。ターゲットが決まったか?



結局はまだボールを噛んで離さない流依君。



nanaに盗られたくない流依君は必死で逃げまくりまぁす。

あんまり動かん流依君の運動にはなる訳だしぃ・・・まぁいいかっ。




nanaは涼しい所で遊んだお蔭で夕飯はしっかり食べ、爆睡~。

屋上ランさまさま~♪な飼主なのでした。。



nanaと遊んでくれたベルちゃんと同居犬のダンディー君は保護されたワンコです。

ベルちゃんは警察。

ダンディー君にいたっては保健所で処分される一日前だったそうです。

ママさんはボラの方が保護した犬の里親を探すお手伝いもされているようです。

実はこの日、ベルちゃんママさんに近くの公園事務所で捨てられた

フレンチブルが保護されているので飼ってあげてほしいというお話がありました。

ママさんの話によるとタイガーブリンドル?の雄のフレンチブルは痩せていて

首輪もなく、公園の木に紐でくくりつけられていたそうです。

推定年齢4才。

とても人懐こい性格だけれどもう随分前から保護されているので

そろそろ保健所に引き渡されるかもしれないとの事でした・・・。

「吠えるから。大きくなったから。なんて理由で捨てられるんですよ。

私は旦那は捨てても犬は絶対捨てないわ。

人間はね家族を失っても生きてゆけるもの。

でも犬は飼主を失ったら命も無くなるものね。」

ベルちゃんのママさんは明るく笑って話されました。

他犬種であれ雑種であれ命の重さは同じ。。。

それは重々わかってはいるつもり。

でもフレンチブルの事となるとどうしても気になる度数高し・・・。

それは流依ハハにしても同じだったらしく・・・

公園事務所は休みだとわかっていながら帰りに寄ってもらうことにしました。

そして・・・

公園事務所は照明はついているもののやはり閉まっており・・・

重い気持ちを抱えたまま帰宅したのでした。

翌日出社していつもの多忙な月曜日を過ごしながらも私の心はここにあらず。。

管理事務所に保護されているというフレンチブルの事ばかり考えていました。

でも同時に、今の私にそのフレンチブルを受け入れてやれる状況なのか?

親を説得できるのか?何より去勢していない男子が嫌いなnanaのストレスは?

色々な不安が急に襲ってきました。

「今の私には無理だわぁ・・・。」

頭ではそう答えを出しつつも私はお昼休みに管理事務所へ電話することにしました。

(浅はかな私は場合によっては帰りに引き取って帰る決心さえしていました・笑)

しかし、いざ事務所に電話して聞いてみると・・・

「飼主さんが決まってもう数日前からここには居ません。」とのこと。

反対するであろう父と全面対決する覚悟で鼻息荒くなっていた私は

拍子抜けするやらでホッとするやらとても複雑な心境。。

流依ハハに顛末を報告し、、頭を仕事に戻したのでした。

 
 フレンチブルは今、人気犬種でどんどん増やされています。

それはそれで喜ばしい事なのですが決して飼い易いとは言えないこの犬種。

ブームが去った数年後に飽きられ捨てられないように願うばかりです。


今はとても幸せな毎日を送っているベルちゃんとダンディ君。

保護されたタイガーブリンドルのフレンチブルにも新しい飼主さんの元で

ベルちゃんとダンディ君のような幸せな第2の犬生が待っていますように。。。

スポンサーサイト
[ 2007/06/17 13:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。