nana*boo

フレンチブルドッグ・nanaとMブルテリア・COCOのどおってことない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雷鳴の夜

真夏生まれの私は元々、四季の中で夏が一番苦手な季節ではありました。



nanaと暮らすようになってから益々夏が嫌いになった私。



一番の理由はもちろん『暑さ』。



暑さはnanaを食欲不振にし、興奮症のnanaを命の危険に晒す事さえあります。



そして夏の風物詩とも言える、その音と光でnanaをブチ切れさせる花火と雷。



異常気象のためか?



このところ雷が多くて家族一同とても困ってるのであります。





昨夜も夜中に遠くで雷鳴が轟き始めると・・・



ブーブー寝ていたnanaがとび起きて来ました~。





既に目と耳がつり上がり目ヤニがベッタリ。(これは関係無いか…)





そして・・・狭い家の中を走り回る。。





もちろん吠える。。





うるさいので外を見せて理解してもらおうと雨が降るのに窓を開けてやるも・・・



雨が降り込んで来ただけで納得できず。。



そしてまた吠えまくる。。



ハウツー本にはこういう時は飼主が抱っこして「大丈夫だよ~。」などと言って



落ち着かせるとか書いてありますがっ、そんなもんnanaは聞く耳持たず。



『はとや』の魚のように(お若い方はご存知ないか・・・。)



ピッチピチ♪跳ねて飼主を蹴りまくり腕の中から逃げちゃいます~。



仕方ないので好きなようにさせておきますが、



雷が鳴り止むまで吠えまくり走り続けます~。



その間nanaの鳴き声でテレビの音も聞こえないので



私はぼ~んやりするしかなく・・・



そのまま結局2時すぎまで付き合いました。



その後は私も寝てしまいましたが意識が遠のく中・・・



nanaはまだ走り回り吠えてました。



nanaの声を聞きながら・・・



「フレンチは吠える事はほとんど無いのでマンションでも飼いやすい。」



って何かの本に書いてあったのを思い出し・・・



「嘘つけ~!あぁ、うちが野中の一軒家みたいな家でよかったぁ。」



と思うのでありました。

スポンサーサイト
[ 2007/06/09 15:16 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。