nana*boo

フレンチブルドッグ・nanaとMブルテリア・COCOのどおってことない日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6ヶ月検診

早いものでnanaが膝の手術を受けて約6ヶ月が経過。

毎朝のグランド遊びも再開したけど足を上げる様子も無くすこぶる順調のnana。

本日は6ヶ月検診を受けるべくnanaチャリに乗って病院へ。

nanaは病院恐怖症のためどこに行くのかは知らせず。



na「CAFEかにゃぁ?商店街かにゃぁ?」

もうすぐわかるよ~♪
病院前に到着し診察準備のためnanaを裸に。
ここがどこだかわかったnanaはかなりの動揺。

na「ここCAFEちゃうやんっ。センセーとこやんっ。」
ふっふっふ。誰がCAFEだと言った?


待合室では他犬種のオーナー方が携帯電話のカメラに
収めるほど人気の白ヤモリスタイルでリラックス。

しっかし服着てないと長ーーーいねっ。

そして待つこと数十分。やっとnanaの番。
相変わらず診察室ではもの凄い震えるnana。
私に必死ですがろうとするのをなんとか引き剥がして体重測定。
なんとっ9.5?。いつもより300gも増えてるーっ。
先生に「この子は絶対に10?超えさせちゃダメだよ。」って
注意受けちゃったよ~。
要注意人物(ママ)に警告伝えなきゃね。

そしていよいよ膝の触診。
触診だと、とってもいい状態だけど念の為レントゲン撮影との事。
nanaはレントゲンも苦手だけど仕方ないね。

nanaを先生に渡して私は待合室にて待機。
数分後、涙目のnanaが出てきた。

どうやったぁ?
na「ものしゅごく怖かった。」


nanaのすぐ後に先生も顔を出して、
「凄く震えてたからブレて撮り直しが必要かもしれないなぁ。」だって。
nana~レントゲン高いんだから我慢するんだよぉ。
とちっちゃい声で呟いてたら再び先生が顔を出し
「OKでした。」って言ってくれました。へへっ。

ところでnanaはパピーの頃からアニコムに加入していて
今回の治療にもかなり使わせていただきました。
掛金とのプラスマイナスを考えると微妙なとこですが、
精神的にはかなり助けてもらったように思います。
私の場合「アニコムがあるからねっ。」と思ってたので
手術代以外はさほど気になりませんでした。
もしもの時に充分な治療を受けさせてやるためには
これからもずっと続けないとね~。
と、今年も継続してついでに写真も変えてもらいました。

nanaのギプス姿に。
na「こんにゃ写真イヤやのにぃ。」


話を元に戻し、先生に呼ばれ診察室へ。
レントゲンの結果・・・
nanaの膝の皿はちゃーんと所定の位置に乗っていました!やったぁ!
先生の「もう心配要らないよ。」という言葉をもらい病院を後にしました。

しかし『走らずにはいられない』nanaの事・・・。
これからも膝に有効なサプリや食材は使っていこうと思っています。

nanaを心配して下さった方々、本当にありがとうございましたm(__)m
これからも暴走nanaを宜しくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2006/12/02 14:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。